1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 服飾(アイテム)
  4. » アウター・ニット
  5. » 春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart

みなさま、こんばんは!!



『三寒四温』とはよく言ったもので、ここ関東では寒暖入り混じりながら徐々に気温が上がってきています。

この時期になれば多少は寒くとも装いは春らしくしたい・・・と思っているものの、何を着るのか非常に迷う時期でもありますよね~。



年に割ける予算が限られていると、これまではどうしても秋冬物が優先。春夏は買ったとしても薄着を想定した買い物が優先でした。

しかし、手持ちアイテムが自分なりに充実しつつここ最近。この時期に最適なアイテム(梅春物とも呼ぶらしい)に目を向け、いくつか入手することができました。最近のセールの傾向で、定番アイテムが安く残っているのも大きいですね。


具体的には・・・
M65ジャケット
コットン製ボンバージャケット
Gジャン
などなど。

自分の生活スタイルのせいもありますが、かなりカジュアルなアイテムばかりです。


実は昨年、ここに新たなアイテムが加わっていました。セールで発見し飛びついてしまったものの、時期外れだったこともあり紹介しそびれていました(笑)


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


スイングトップブルゾン、欧米ではハリントンジャケットと呼ぶとか。

ドッグイヤーカラーと呼ばれる特徴的な襟を持つこのタイプは、英国の<Baracuta(バラクータ)>の定番でG-9型として扱われています。

一方で、シャツのカラーのような襟がついたものはジェームス・ディーンが着用したドリズラージャケット。こちらは米国<McGregor(マクレガー)>のアイテムですね。


高校生の時分(90年代中ごろ)、これに似たG-4型の古着をかなり気に入って着用していました。たしかラコステだったと思います。

ちなみにG-9は写真のように袖、裾がリブ仕様になっていますが、G-4は裾がストンと落ち、袖はカフになっています。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


今回はバラクータと同じ英国ですが、<Mackintosh(マッキントッシュ)>のアイテムです。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


やや野暮ったい、無骨ともいえる佇まいが、最近のモノ選びの趣向に合致。加えて、高校時代の郷愁と今一度着こなしてみたい野望のようなものに駆られて。

色も当時と同じベージュカラーをチョイスしてみました。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


しっかりダブルジップなのも、着こなしの幅を広げる意味で嬉しい仕様です。




・・・とここまで読まれて、タイトルに違和感を感じられた方は鋭い!!


ベージュのブルゾンをもってして「青き衣」などとは言えません。



昨年、手に入れたこいつで火が付いてしまったんですね。最近になってこれを見つけてしまいました。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


同じくマッキントッシュで同タイプのネイビーブルゾン。ちなみにモデル名はErisartというらしいです。

袖と裾のリブにボーダーが入り、よりスポーティなアクセント。ちょっと軽薄かなとも思ったんですが、同色のデニムでも合わせやすく、白パンを履けばマリンな着こなしもできそう。汎用性がぐっと高まりそうって結論に至りました。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


なぜかベージュタイプと異なり、こちらにはジップにもアイコン。


春、青き衣をまといて(3) | Mackintosh G-9 Erisart


ベージュとブルーって、もういつも通りなんですけど、やっぱり好きな色なんですね。

艶っぽさとか洗練さとかとは少し離れたアイテム。ただ、落ち着いて着られるアイテムとして、今後長く付き合っていければと思っています。






●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No.625 / PMT [#-] No Title

リュータンさん、お久しぶりです。

我々世代にはとても懐かしいジャケットです。
今はこの形のジャケットはリアルオヤジになってしまいそうで着れません。
70歳くらいになればまた似合うかもしれません。
いいのは解っていても40~50代は敬遠してしまうアイテムは他にもいくつかありますね。

逆にマクレガータイプは30代は難しいかもしれません。

もちろん、何歳で何を着るかは自由ですが。

2013-03/14 14:10 (Thu)

No.626 / リュータン [#-] Re: No Title

PMTさん、こんばんは。
お久しぶりです!!

僕の印象では、40-50代でこのジャケットの合わせは肯定的です。
ラグランスリーブを肩のラインにタイト目にあわせピシッと着れば、
野暮ったさを相殺してかっこよくなるのでは?と思っています。

機能的でシンプルな服を、さりげなく絶妙なサイズ感で着ている中年男性に憧れているせいでしょうか。
そうでありたいと思いながら、今は必ずしもそうでもないカッコもするわけですが(笑)

そうそう、ドリズラージャケットはマクレガーの襟付きのものを指すんですね。
(ちょっとごっちゃに書いてしまいました:参考にして後で書き直します)
確かに普通の襟の方が上品に見えますね。

2013-03/14 20:17 (Thu)

No.627 / のりまる [#-] No Title

リュータンさん こんばんは

冒頭で書かれているように、私の場合はまだまだアイテムが充実していない為か春物は薄着を前提にしか買い物が出来てません(>_<)

どうしても着られる期間を考えちゃうんですよね~(汗)

おまけに、この形のジャケットは「老けて見える」と言われた事から封印的なアイテムとなってしまいました。。。今思えば単に着こなしが甘かっただけでしょうが(ー_ー)!!

楽に着やすくていいんですけどね!!!!!!

今はオジンになったから遠慮なく着れるかも??(笑)
タンスの奥を探してみます(笑)

2013-03/15 23:53 (Fri)

No.628 / リュータン [#-] Re: No Title

のりまるさん、こんにちは!!
コメントありがとうございます。

使う頻度や期間で考えると、どうしてもそうなりますよね~。
ただ、アイテム数が増えると必然的にそれぞれ頻度が落ちるわけで
こうしたアイテムに目が向き始めました。

僕は"あえて"老けて見えてもいいと思って着ていますよ~。
童顔なので雰囲気が合っているのかギャップは心配ですし、
妻に強くやめてと言われればさすがに考えますが、開き直っています(笑)

他のアイテムとの相性に関して懐が広そうなので、
タイトめに着てシルエットだけは注意しつつ、色々試してみようと思ってます♪

2013-03/16 15:26 (Sat)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ryutam15.blog.fc2.com/tb.php/137-adddbe27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

プロフィール

リュータン

Author:リュータン
『大人のカジュアル』スタイルを目指し、アイテム購入やコーディネートなどの試行錯誤を書いています。趣味はバイク、カメラ、旅行など手広く浅く。コメント大歓迎、リンクもフリーです!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

記事作成の励みになりますので、 ぜひクリックお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
カウンター
SNAP OF THE OUTFIT

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com
人気記事ランキング
Tweet Live

Ryutan < > Reload

タグクラウド
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。