1. Top
  2. » 2012/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

リスト補完計画 | Colombo マフラー & Madova グローブ

みなさま、おはようございます!!


12月に入って、各ショップでプレセールなどが始まっているようですね。僕の方はと言えば、秋冬の買い物は、しばらく休眠状態。



秋冬の買い物リストもすでに完遂。シャツ、ジレ、パンツなどなど、それぞれ重複して購入してしまいました。



でも、よくよく振り返って見てみると、巻物に関しては1つしか買っていません。



お、これは!?



ここはあいた1枠を補完せねばなりません(そうなのか?)


リスト補完計画 | Colombo マフラー & Madova グローブ


ということで、<Colombo(コロンボ)>のカシミアマフラーを購入。


自然な色で温もりがあり、淡い色で落ち着いているので上品に見えるベージュ。季節感もあって、グレーやネイビーとも相性のいい使い勝手のいい色です。


無地がいいかと思っていましたが、ボーダーが目新しく惹かれました。同トーンの二色はブラウンともベージュとも合わせられて汎用性はかなり良さそう。巻けば柄による立体感も出やすく、一石二鳥です。


リスト補完計画 | Colombo ストール & Madova グローブリスト補完計画 | Colombo ストール & Madova グローブ


ベージュは春先から繰り返し取り上げている色ではありますが、実は意外に秋冬の小物は持っていませんでした。


さらに、これからの厳冬期に向けてこちらも。


リスト補完計画 | Colombo マフラー & Madova グローブ


<Madova(マドヴァ)>のレザーグローブ。グローブは今後書く予定ですが、とにかく大好き。冬を象徴するアイテムですね。

こちらもベージュです。全身でコーディネートしよう!!ということで、合わせて買いました。




実はこの2つ、だいぶ以前に秋の中頃にアウトレットで超格安で見つけました・・・ベージュの小物が手元になかったこともあり、購入と相成りました。時期外れだと、前年のキャリー物が格安で出ていることも多いんですよね。


最後に以前ご紹介したコーディネートから、小物を変えて。


リスト補完計画 | Colombo ストール & Madova グローブ


ベージュアイテムを使うと、全体にやわらかい、上品な印象になりますね。カントリーっぽさが中和されますが、これはこれでいいかなと思います。


早くも寒波が訪れ、活躍中の両アイテム。新しい小物を加えるだけで、新しい気持ちで服が着られるのがうれしいですね。


それでは~!!






●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ

冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio

みなさま、おはようございます!!


いよいよもうすぐ12月。寒さも徐々に本格的になってきますね!!僕も季節ごとにファッションを楽しんではいますが、やはり秋から冬にかけての時季が特に大好き♪同じ気持ちの方は多いのでは?

徐々に寒くなる気候に合わせ、少しずつ素材を変えアイテムを増やしていく。様々なアイテムを手にする感覚や組み合わせを選ぶ楽しさやが、妙に高揚感を招きます。



秋の中頃からすでにウールのジレタイハンチングキャップなど、秋冬素材の小物を使って季節感を楽しんできました。しかし、冬になれば寒さは別格。厚手の上着や保温性のより高い小物など、冬用のアイテムを駆使して寒さを乗り越えねばなりません。



寒さを防ぎ、高揚感を与えてくれるそんな『冬物』は、まさに冬の主役!!

『冬物』はみんな大好きなんですが・・・その中でも特に僕の冬気分を盛り上げるアイテムを取り上げ、数回にわたって主役争いをしてもらおうと思います(笑)


第1回はいきなりの大本命、レザーブルゾンです。






僕自身、レザーブルゾンはかなりの大好物で、ワイルドさ、上品さ、シンプルさなどが僕が目指す『大人のカジュアル』には持ってこいと思っています。

正直あまり多くは持っていないのですが、その中でのとっておきがコレ・・・


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


前回の靴シリーズで登場したライトブラウンのレザーブルゾンです。


実はコレ・・・


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


メーカーは<Sartorio(サルトリオ)>。サルトリオはスーツで高名なキートンのグループに属する、比較的モダンなデザインを売りにしているブランドです。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


この微妙な色合いのブラウンと、革の柔らかさ、酒脱なデザインに一発KOでした。だからと言って即決できるような値段でもなかったんですが・・・KOされて意識が飛んで、そのまま清水の舞台からも落ちたみたいです(笑)


ばっちり中綿入りで防寒性は充分。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


しかも、裏地が派手なベロア!!これは正直インパクトがあります・・・そして、おいそれと人前で脱げません(笑)


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


袖と裾はリブ編み。このあたりは防寒の点でも、デザインの点でも完璧です。


ブログ1144


しかも、この胸ポケットが使いやすい。グローブを差して、ポケットチーフを連想させるちょっとしたアクセントの演出が可能。

ジッパー部分にはウールの裏地が配され、すきま風を防ぐ素晴らしい設計。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


ジッパー自体はダブルジップ。見た目のバランスを調整するのにはもってこいの仕様ですね。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio


一応そのジップは、スイスriri社のもの。あまり詳しくないので、ただそれだけなんですが。



このブルゾンを着るときは、とにかくシンプルに。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio

ベージュ~ブラウンのトーン・オン・トーンのコーディネート。


冬の主役は譲れない(1)~レザーブルゾン | Sartorio

デニムと合わせたカジュアルコーディネート。



まさに、主役大本命のこのブルゾン。1発目に出して、他に勝ち目なし!?


最強に見えるこのブルゾン。唯一の弱点は裏地のベロア・・・いいえ、見た目じゃないんです。実はコレ、ニットなどの起毛素材と合わせるとニットをめくり上げるんです(笑)

だから、中に着られるのはシャツかジレのみ。もしくは、ちょいちょい裾を直してニットを着るか・・・このあたりは初めての仕様で、着てみないと分からない盲点でした(笑)


ただ、それを差し引いても、見た目・機能性・所有欲のすべてを満たしてくれる優秀な『冬物』であることに変わりはありません。






ということで、第1回はこんな感じで。
今後も冬物アウター、ニット、パンツ、小物に至るまで少しずつ書いてみます。

それでは~!!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ

革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern

みなさま、おはようございます!!


僕なりの『キーワード』で革靴を分類し、手持ちのアイテムを紹介するこの企画。

第3回目は華やかな意匠で足元を支える『ブローグ』シューズです。





≪簡単な蘊蓄と用途≫

パーフォレーション(:●:●:のような穴飾り、ブローグとも呼ぶ)やメダリオンを配したブローグシューズ。一般的なものでは、パーフォレーションが一文字のセミブローグ、Wの形状をしたフルブローグ、ブローグが踵まで伸びるロングウイングチップなど。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


前回取り上げたカントリーシューズもブローグシューズの一種ですが、もともとアクティブ、カジュアルなイメージのある靴。初めて見ると、なんだコレ??と思うような、デザインですよね(笑)

しかし、動きのあるメダリオンのデザインが躍動感につながり、インパクトやボリュームのあるトップスとでも、存外足元でバランスを取ってくれる頼もしい存在です。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


正式なフォーマルユースでなければ、オンでもオフでも使える幅広い活躍ぶり。特にビジネスとカジュアルスタイルの垣根が低くなっている昨今の情勢では、特に活躍の場も広がりそうです。

実際、僕が今持っているシューズの中でも、この種類の靴は活用度が最も高い。ここまでかと思えるほど大きな器で、様々な着こなしを受け入れてくれます。


また、アッパーの意匠でアクティブ、カジュアルなイメージを連想させる靴として、UチップやVチップのモカシンシューズなどもありますね。正直手元になく分類に入っていないのですが、同じような幅の広さがありそうですね。

このタイプの靴は使い回しもきくので、モカシンも含めもう少し増やしたいのが本音です。



≪今日の革靴≫

今回紹介するのは、これまでに何度となくコーディネートに登場した靴。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


<Edward Green(エドワード・グリーン)>のMalvernというモデル。ラストはかなり細身の82で、ワイズはEにしています。結構履きこまれた感じになってきました

色はアンティーク加工のダークオーク。靴は黒かダークブラウンが断然使いやすいですね。初めのうちは使いやすいものを、という無難な選択。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


見た目はかなりシャープ。ラスト82はかなりトウにかけて絞っているので、その影響が強いかも。体調により足がむくんだりすると、足先が痛くなることもあるくらい。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


最初のうち、親指部分を噛まれるのは儀式みたいなものですが、こなれてくるとスニーカーのように走れます(笑)


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


正面からも十分華やかですが、横顔はいっそう豪華絢爛。随所に走るパーフォレーションの意匠が、何とも存在感を示します。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


踵は小ぶりですいつくような感触。この部分にもパーフォレーションが施され、油断は全くありません。


最近トレンドとして取り上げられることも多いですが、最初はこの独特のデザインに尻込みし、なかなか手を出しにくく感じる『ブローグ』シューズ。以前も述べたように、こういった独特の雰囲気はいったん垣根を超えると逆に病みつきになります。恐るべしトラッドなデザイン(笑)


クセのあるのを分かっていながら、ついつい手に取ってしまう。まるで腐れ縁の「親友」といった感覚です。



≪スタイリング≫

平たく言って、春夏なら何でも合わせられる、そのくらい器が広い靴だと思います。


ただ、秋冬の場合、内羽式のスムースレザーでは、トップスの見た目が重いとバランスが取れない場合があります。僕のスタイルでは、カントリールックだとトップスとやや釣り合いが取りづらい。スエードレザーや外羽式の仕様、もしくはブーツなどの要素のある靴でバランスを取るようにしています


きれいめでスッキリした着こなしに持ってくるとアクセントとしてもちょうど使いやすい印象です。スッキリと言っても、重ね着や素材感でそれなりにボリューム感は出ますから、ブローグの存在感が程よくマッチします。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern
「重ね重ねですが、靴と服の間にはシートを敷いています(笑)」


野趣のあるレザーのトップス&華やかなペイズリー柄に足元でバランスを取って。

パンツはデニム、カーゴ、チノ、コーデュロイ、ウールフラノなどなど何でもござれです。






秋冬はスムースレザーでは少し登板頻度が落ちますが、きれいめスタイルの大本命、エースであることに変わりありません。クセのある意匠は、ハマるとほんとにクセになりますよ!!

お持ちでない方は、ぜひ一度お試しを・・・





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログパーツ

カラー!カラー!カラー!~服の彩りを楽しむ | INTRODUCTION

みなさま、おはようございます!!


いやはや、多忙期がやや過ぎたものの、写真を取る暇がなく・・・これまでになく、更新頻度が落ちてしまっています。それでも訪問くださっている方々、ありがとうございます。

今回はそのうちまとめようと思って書いてあった話題を。





ショッピングやコーディネートで服の色から選ぶというのはわりと当たり前のことですよね。買うにしても選ぶにしても、色どうしの相性や組み合わせの効果などはキーになります。


例えば最近では、ベージュやグレー、ブラウンなどナチュラルカラーに近い、落ち着いたトーンの服が多く提案されますよね。こういった色は僕も好きで気持ち的には落ち着きます。

ただ、以前は正直どう着こなしていいか分からない時もありました。合わせやすい色だけに、単調になったり、野暮ったくなったり・・・

こういった時に、様々なサンプルを「見る」ということが重要になると思っています。僕自身、できるだけ見たものを吸収して日々の着こなしに活かしています。

特にトレンド色のアイテムは市場にあふれかえり、売る側から様々な提案がされます。こういった状況では、トレンドを利用して積極的に色の組み合わせを学び、吸収するチャンス。ナチュラルカラーのトレンドの中、ここ数年でようやく納得がいく形でスタイリングできる気がしてきました。


こんな風に色自体、もともと言語で100%再現できないもので、まさに「百聞は一見にしかず」。デザインやスタイリングによる配色や色の割合、素材感による発色の違いなども加わると、もはや言葉では手に負えません。

そんな色をテーマに記事をまとめ、様々なサンプルを提示するのはきっと意味があるはず。幸いにも最近僕の手元には比較的いろんな色のアイテムが増えてきたので


カラー!カラー!カラー!~服の色を楽しもう | INTRODUCTION


春夏から繰り返し取り上げているテーマ。自分の気持ちの面でも、相手への印象という意味でも外せない『色』という要素。

『コーディネート』『革靴』に続いて『色』というテーマでこれまでの記事をまとめました。もちろん今後もネタさえあれば、色にこだわって少しずつ書いていきますので、よろしく~!!




【色に関する記事のアーカイブ】
リンク間違いなど誤りを発見された場合、コメント欄にてご一報いただければ幸いです。


テンプレート
年月 【テーマの色】
記事のタイトルとリンク
「記事の概要」



<全26件>

2012.3 【カラフルアイテム】
春を彩るアイテム(1)~靴下 | GALLO and ANTIPAST
「カラフルな靴下で春らしさを演出」

2012.3 【カラフルアイテム】
春を彩るアイテム(2)~ストール | ARIANNA
「明るめカラーのストールで肌寒い春先も軽快に」

2012.4 【カラフルアイテム】
春を彩るアイテム(2)~ストール | ARIANNA
「春先に重宝するコットンニット、カーディガンとVネックニットで色を使い分け」

2012.4 【オリーブ×ベージュ】
ベージュ×オリーブシャツのコーディネート | Finamore SERGIO
「オリーブカラーのシャツに合うベージュアイテムとのコーディネート紹介」

2012.4 【ブルー×ネイビー】
ブルーグラデーションのジャケットスタイル | Errico Formicola
「ブルーのデニムシャツとネイビージャケットを組み合わせブルーグラデーションのコーディネート」

2012.4 【ベージュ】
ベージュのジャケットスタイル | Raffaele Caruso
「ベージュジャケットにデニムを合わせたシンプルジャケパンスタイルを紹介」

2012.5 【ネイビー、オリーブ、ホワイト】
ネイビー、オリーブ、ホワイトのシャツの印象の違い | Finamore SERGIO
「ベージュチノにネイビー、オリーブ、ホワイトのシャツを合わせたコーディネートが与える印象の違いを検証」

2012.5 【ベージュ】
今度はベージュのパンツ屋!? | Incotex RED & PT01
「コーディネートに便利なベージュパンツ、チノやコットンパンツまで紹介し微妙な違いが大きな違いであることを主張!?」

2012.5 【ネイビー】
ネイビーチノのコーディネート~12SS | Incotex RED 619
「シンプルだけに組み合わせが悩ましいネイビーチノ、少し工夫を凝らした春夏コーディネートを紹介」

2012.5 【ブラウン】
カジュアルなジャケットスタイルのアクセント | Daniel & Bob スエードメッシュベルト
「夏にアクセントとして役立つベルト、ブラウンのベルトとシューズでまとめたコーディネートを紹介」

2012.6 【イエロー、ブロンド、ブラウン】
同系色ポロシャツ(イエロー、ブロンド、ブラウン)のコーディネート(1) | ORIAN & Drumohr
「ポロシャツとしてはやや変り種のカラー、ベージュやホワイトパンツと組み合わせて相性を検証」

2012.6 【イエロー、ブロンド、ブラウン】
同系色ポロシャツ(イエロー、ブロンド、ブラウン)のコーディネート(2) | ORIAN & Drumohr
「ポロシャツとしてはやや変り種のカラー、ブルー系パンツと組み合わせて相性を検証」

2012.6 【イエロー、ブロンド、ブラウン】
同系色ポロシャツ(イエロー、ブロンド、ブラウン)のコーディネート(3) | ORIAN & Drumohr
「ポロシャツとしてはやや変り種のカラー、デニムやウールパンツと組み合わせて相性を検証」

2012.6 【ベージュ】
ベージュシャツのコーディネート | Finamore SERGIO
「柔らかく上品な印象のベージュシャツを、各種カラーパンツやデニムと合わせて相性を検証」

2012.6 【ブルー】
Snap of Daily Outfit!! (1) | Instagram
「ブルーでまとめたの初夏のトーンオントーンスタイルを紹介」

2012.7 【ブラウン、オレンジ】
夏のキーアイテム~ベルト第2弾 | Andrea D'amico エキゾチックレザーベルト
「夏にアクセントとして役立つベルト、ブラウンとオレンジのベルトを使ったコーディネートを紹介」

2012.7 【ブルー】
Snap of Daily Outfit!! (4) | Instagram (2012 Jun-Jul)
「『ブルーのトップス』というテーマですごした1週間分の夏コーディネートを紹介」

2012.8 【ブルー】
Snap of Daily Outfit!! (5) | Instagram (2012 Jul-Aug)
「『ブルーのシャンブレーシャツ』というテーマですごした1週間分の夏コーディネートを紹介」

2012.9 【グレー】
グレーパンツと柄物トップスのコーディネート | Incotex RED 633 コーデュロイ
「シンプルなグレーのコーデュロイパンツにチェックシャツや柄物ジレでアクセントをつけたコーディネートを紹介」

2012.9 【グレー】
グレーパンツとローゲージニットのコーディネート | ZANONE & Drumohr
「グレーパンツをベースに、ローゲージニットとのグレーのトーンオントーンやベージュとのトーンイントーンコーディネートを紹介」

2012.9 【カラフルアイテム】
リストになかった大物!? | Faliero Sarti カシミアストール
「色に惹かれて購入した、Faliero Sartiのカラフルだが落ち着いたマルチカラーチェックのストールを紹介」

2012.10 【グレー】
グレージレのコーディネート | Montedoro RED & Lardini
「合わせやすいグレーのジレ、3種のジレをデニムやシャンブレーシャツと合わせて相性を検証」

2012.10 【グレー】
グレーパンツのコーディネート~ブルーシャツ編 | Incotex RED & PT01
「微妙な色合いの違いで異なる印象のグレーパンツ、ブルーシャツをベースにその差を反映させた秋冬コーディネートを紹介」

2012.10 【グレー】
グレーパンツのコーディネート~ブラウンシャツ編 | Incotex RED & PT01
「微妙な色合いの違いで異なる印象のグレーパンツ、ブラウンシャツをベースにその差を反映させた秋冬コーディネートを紹介」

2012.10 【ネイビー】
ネイビーチノのコーディネート~12AW | Incotex J35
「ネイビーチノをベースに、ブラウンやベージュのトップスを組み合わせた秋冬コーディネートを紹介」

2012.11 【オレンジ】
オレンジチェックシャツのコーディネート | Errico Formicola
「明るいオレンジシャツをアクセントにコーディネートした秋冬の装い」



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログパーツ

細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino

みなさま、おはようございます!!


先日、同タイトルの記事を、「裾幅細くなくてもいいじゃない」という趣旨で書きました。

あの時、実測していなかったのでわかりにくかったのですが、今季購入し、シルエットも気に入っているパンツ2本で裾幅を計測してみました。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino
細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


<Incotex RED(インコテックス・レッド)>のコーデュロイは18.5cm、<PT01(ピーティー・ゼロウーノ)>のチノパンは19cmでした。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


一方、カーゴパンツで19cmだった<Jacob Cohen(ヤコブ・コーエン)>。こう見てみると、僕が好んではいているコットンパンツは18.5cm~19cmくらいの裾幅。意外と細身で、しっかりトレンドに流されてました(笑)


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


ヤコブではデニム(J688)も履いているので、測ってみると18cmでした。「18cmは細い」とか書いておきながら、そのくらいのものをサラッと履いちゃってますね。

この18cmを切ってくるとだいぶ細身の感覚。以前裾幅17.5cmの
細身パンツを履いたことがありますが、全体的に細身すぎて『細い』を通り越し『きつい』でした(笑)



さてさて、パンツを極限まで細くして脚をスラッと見せる・・・というのは、前回も書いたようにもう限界に近いと感じています。今履いているパンツも当初は細いなと思いながらその感覚に慣れてきたわけですが、これ以上細いパンツはスキニー過ぎてどうにも違和感だらけです。

それで新たな流れとして最近注目されているのが、タック入りパンツやペグトップパンツなど、腰まわりに余裕を持たせたパンツなのかなぁと思っています。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


クラシックな装いでは『きれいなラインでシルエットを作る』という流れは今後もしばらく続くと思います。ただ、細身への流れからは一歩先へいくシルエット。ペグトップやジョッパーズのような極端なシルエットはしり込みしますが、タックパンツは試しに使っています。


というわけで、手持ちのものからご紹介。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


このパンツは昨季購入したもので、今季手に入れたCapital Chinoの型違い。生地感が気に入り、今季に追加購入に至った経緯があります。

最近のタックパンツは、以前の80年代~バブル期に見られたようなものとはだいぶ異なります。腰まわりに若干余裕を持たせる程度で、裾幅も細すぎないゆるやかなテーパードライン。


裾幅を比較したら、タック入り(ネイビー)20cm、タックなし(グレー)19cmとタックなしの方が細身。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


シルエットもタック入りの方はモモ周りにゆとりがあり、タックなしに比べるとやや太めです。裾にかけてテーパードし、シルエットにメリハリがある感じ。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


ただ、タック入りパンツの見た目は、不思議と細く感じます。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


この意匠が古くさいという固定概念に囚われなければ、十分活用できそう。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


ややボリューム感のあるトップスやヒップが隠れる丈のジャケットなどによく合う気がします。


細身がトレンドとは言うけれど(2)~タック入りパンツ | PT01 Capital Chino


一方でショート丈のトップスでは、個人的にはちょっとバランスが取りづらく、あまり好きでないバランスです。最近の短丈ジャケットでも似たような印象になりそうです。


実際には細くないのに、シルエットで美しく見せる。タック入りパンツは意匠の一つに過ぎかもしれませんが、こうしたコンセプトの象徴なんでしょうね。


それでは~!!





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ
プロフィール

リュータン

Author:リュータン
『大人のカジュアル』スタイルを目指し、アイテム購入やコーディネートなどの試行錯誤を書いています。趣味はバイク、カメラ、旅行など手広く浅く。コメント大歓迎、リンクもフリーです!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

記事作成の励みになりますので、 ぜひクリックお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
カウンター
SNAP OF THE OUTFIT

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com
人気記事ランキング
Tweet Live

Ryutan < > Reload

タグクラウド
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。