1. Top
  2. » PumpFury

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

マイスタイルの原点はプレッピー!?

みなさま、こんばんは!!

さて、ここのところ買ったモノの報告ばかりなので、今日は違った趣向で書いてみます。

先日、Twitter上にてブログ仲間・ポウルセンさんから、UA Districtの記事を紹介していただきました。

今回のMen's Shopのテーマの下に製作されるクロージングは、トラッドマインドに溢れた、ベーシックとも言うべき、素材、柄の集大成となっており、そのことが、揺れ動く時代の中で却って新鮮にうつります。クラシックな柄こそはエヴァーグリーンであり、時代の流れを超えて価値を訴求し、美しさの定義を再認識させてくれるものです。

(中略)

2000年代に、ドレスとカジュアルをはっきり分ける風潮が生まれ、世のシャツはドレス専用、カジュアル専用に分かれて、少々やっかいな事になっています。もっとシンプルに、同じものをプレスしたり、プレスしないで洗いざらしにしたり、合わせるものを変えたり工夫しだいで何通りにも着る洋服本来の楽しみに戻りたいと思います。スーツスタイルやジャケットスタイルを基に、コーディネートと着方の工夫で、ドレスアップ、ドレスダウンを楽しんでゆこうというものです。



この文章を読んで、皆さんどのようにお感じになりましたか?


僕はなんだか無性に嬉しくなり、さらに共感を覚えました。そう感じたのも、思い返すと自分と服との関わってきた歴史が大きかったように思えてきたんです。(歴史というほどでもないですが)

通常は、今の服飾についての記事が多くなりますが、今回はそれに倣わずにいこうと思います。この文章に共感した気持ちを内観するうちに、自分のかつての洋服との関わりが無性に懐かしく思え、通ってきた道(使ってきたアイテム)を見てもらうのもアリかなと思いこの記事を書きました。





もともと、僕が洋服と深く向き合うようになったのは、制服のない高校の頃。毎日私服での通学でした。

すなわち、ルールが皆無でしたので、部活ウェアやジャージで通うのもOKですし、とにかく何だって大丈夫な状態。(ちなみにピアスや金髪もOK(笑))ただ、自意識も強かったので、勝手に高校生なりにきちんとしていたいと思っていました。

イメージとしては、「楽でいながら小ぎれいなカッコ」。当時よく読んでいた雑誌がMen's Non-Noで、その影響が大きかった気がします。田辺誠一や谷原章介が専属モデル、ほかに鈴木一真や反町隆史、竹之内豊などをよく見ていた気がします。今思うとすごい豪華ですね!!


そんな中、制服として選んでいたボトムスがこれでした。

スタイルの原点はプレッピー!?
(左からLevis'501Helmut LangA.P.C、A.P.C、ba(s)2 lope

ファッション好きなら一度は通るであろう定番のデニムスタイル。高校生なんで、丈夫で、着回しがきいて、それでいてカッコいいとなると、やはり落ち着くのがデニムだったのかなと思います。

スタイルの原点はプレッピー!?スタイルの原点はプレッピー!?

膝のあたり、股の擦れ、バックポケットの穴など、すべて生デニムから育ててできあがった自分の歴史ですね。

そのため、当時のデニムたちは今でも捨てられず、こうして保管しちゃってます(笑)最近でこそデニムの登板頻度は減っていますが、そこはやはり自分のスタート。いつか股の擦れをリペアしてもう一度と思いますが、どうなんでしょうね~。このままずっと保管なのかも(笑)

これに、トップスはドレスシャツやポロシャツ、タイトめのニットなどを合わせていました。正直、今でも大して変わりません(苦笑)


デニム好きが高じて、大学ではデニムジャケットを着たりもしていました。

スタイルの原点はプレッピー!?
(ba(s)2 lope:デニムジャケット)

もう10年以上前のものなのですが、これもなかなか手放せず(笑)ただ、ボディは結構タイトでジャストなんで、アームホールが太いのをリペアすれば着られるかな、なんて思っています。

デニムシャツやシャンブレーシャツに惹かれて手にとってしまうのも、こういった過去があるからなんでしょうね(笑)


靴は当時流行っていたスニーカーが多かったですね。

スタイルの原点はプレッピー!?
Insta Pump Fury 1st(左)、2nd(右))

こちらは両方ともレプリカでなく、オリジナルの1stと2nd。当時はきれいめスタイルにハイテクスニーカーの合わせが流行ってました。

さすがに今は手放してしまいましたが、当時はプレミアまでついて結構な額でやり取りされていたと思います。正直、靴だけは財産になるので、もっと長持ちする革靴を買っておけばよかったかなと、思わないではないですね(苦笑)



毎日のスタイルを決めるのが、服と向き合う時間。高校入学から一度も制服やスーツで一日を過ごす生活を送っていないので、かれこれ20年近く私服と向き合ってきた毎日です。

冒頭の文章が琴線に触れるのは、自分の漠然とした考えを文章にして見せてくれたからかもしれません。そして、昨今の「ドレススタイルのカジュアル化」傾向や「品性と遊びのバランスを模索するプレッピースタイル」への注目は、自分の服との付き合い方にリンクする、とても過ごしやすい流れであるように思います。

ここ数年の僕の服飾への気持ちの異常な高まり(笑)も、こうした世の中の流れと切り離せないのかもしれません。

当時がプレッピーと呼べるスタイルであったかは別にしても、当時の考えは原点であり、今にも脈々とつながっていると思います。まあ、この時期に部活とバイトに明け暮れ、ファッションに夢中になった挙句、ほんとにプレップ(予備校)に行っちゃったっていうのが実際のオチなんですが(笑)






全体的に取りとめもない話になってしまい、まとまりがつきませんが、最近は自分のこういった想いに新たに必要なものがあるのか苦悩する日々です。・・・新しい商品見ると、欲しくなってはしまいますけど(笑)

ただ、春夏に力を注ぎすぎ、まだ紹介しきれていない春夏セールアイテムがあるくらいなので、秋冬はちょっとおとなしめになるかなぁ(苦笑)

それでは~!!

※8月11日より3日ほど高原の避暑地に逃げてきます・・・携帯がつながればなるべく早めに返信いたしますが、遅れる場合もあるかともいます。ご容赦を!!




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



ブログパーツ
スポンサーサイト
プロフィール

リュータン

Author:リュータン
『大人のカジュアル』スタイルを目指し、アイテム購入やコーディネートなどの試行錯誤を書いています。趣味はバイク、カメラ、旅行など手広く浅く。コメント大歓迎、リンクもフリーです!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

記事作成の励みになりますので、 ぜひクリックお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
カウンター
SNAP OF THE OUTFIT

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com
人気記事ランキング
Tweet Live

Ryutan < > Reload

タグクラウド
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。