1. Top
  2. » EdwardGreen

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith

みなさま、こんばんは!!

最近、ちょっと更新を怠りがちのこのブログ。いつも朝更新してるんですが、明日は珍しくクリスマスイブに休みが一致した妻と出かける予定。というわけで、いつもと違うこんな時間に更新です。


さて、僕なりの『キーワード』で革靴を分類し、手持ちのアイテムを紹介するこの企画。

第4回目は秋冬らしい温もりを感じさせる、『スエード』シューズです。







≪簡単な蘊蓄と用途≫

近ごろ、春夏でも履かれるスエードシューズ。起毛感が温もりを感じさせる、秋冬らしい素材ですね。

獣を想起させるため、フォーマルユースではマナー違反とされます。ビジネスでの使用はできますが、カジュアル色の強い素材ですね。

"季節感”を楽しむ"カジュアル"スタイルを目指したい僕としては、両方を満たしてくれるもってこいの素材と言えます。結局秋冬シューズといえば、ブーツをはじめほとんどが『スエード』になってしまう(笑)


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith


使い分けは主に2つ。ウールやカシミアなど、同じ起毛系素材に雰囲気を合わせる場合。もしくは、ナイロンやスムースレザーなどの光沢を持つ素材に温もり感を補う場合。

僕の場合、秋冬の服はほぼこのどちらかなので、たいていは使える便利靴ってことになります。ということで、秋冬シューズを選ぶ最初のポイントが『スエード』かどうかになりがち。

一方で、『スエード』シューズの増加につれ、新たに非『スエード』シューズを手に入れ、冬にどう生かすか挑戦したい、という気持ちも湧いてくる…その結果が、先日のウエストンのチェルシーブーツ購入でした


手入れが楽とか、雨に強いという理由も一般的にはありますが、とにかく秋冬"らしい"素材というのが何より惹かれる理由。表革のエイジングとは違い、へたるにつれ砕けた感じを演出し、カジュアル色を増してくれるのもまた一興です。



≪今日の革靴≫

今回紹介するのは、『スエード』素材の『ブローグ』シューズ。


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith



またまた<Edward Green(エドワード・グリーン)>から、Asquithというセミブローグのモデル。前回のこのシリーズでも写真のみ登場しました

細身でスクエアトウのラスト888、ワイズEです。


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith


見た目はかなりシャープ。しかし、スクエアトウのおかげか若干畏まった印象も受ける靴。


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith
「コバを補色しなくては!」


上質なダークブラウンスエード。深い茶色の豊潤な毛並みが、若々しい快活さと落ち着きある上品さを同居させる。

まるで、上質なサラブレッドに感じるような躍動感と気品を見るような感動。といっても競馬詳しくないですけど(笑)


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith


スエードとブローグの相乗効果か、単なるビジネス靴としてだけでないカジュアル用途の懐の深さも感じさせる一足。

購入時はライトカラーのスエードが第一選択で、汎用性からギリギリで心変わりして購入。ダークブラウンのスクエアトウということで、当初はまさかここまで一騎当千の働きをする靴とは想像だにしませんでした。やってみないと分からないというのは、まさにこういうこと。


様々な面を併せ持つこの靴。スタイリングの中でも、その絶妙なバランスを引き出し、生かす楽しさを教えてくれました。

この靴は、今後も付き合っていくと新たな発見がありそう、そんな期待感すら持たせてくれる僕のパートナー、「伴侶」のような存在です。



≪スタイリング≫

スエード素材がカジュアルとは言いながら、やはりジャケットに合わせたくなるセミブローグシューズ。季節的にはツイード素材が気分です。


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith


まずはライトブラウンのツイードと。インナーにホワイトのケーブルニット、小物も軽めのカラーで統一。足下とベルトは落ち着かせて。

パンツは濃いめのブラウンでトーンオントーンにしたり、リジッドデニムでカジュアルにまとめる感じ。



結構、落ち着いたカジュアルになったので、次はドレス寄りのカッコを。


革靴の選び方・使い分け(4)~『スエード』 | Edward Green Asquith


ネイビーのヘリンボーンのツイードジャケットとシンプルにタートルネック、小物はブラウンでアズーロ・マローネの安心の組み合わせ。

パンツはホワイトやベージュにするか…明日はこれで出かけようと思うので、ギリギリまで悩みます(笑)秋冬用のジャケットをあまり持っていないから、こういう時に欲しくなりますね(笑)







今回のように短靴となると、ブーツを多用する僕の場合どうしても着用頻度が落ちてしまいます。ただ、冬のさなかのちょっとしたイベントではここぞと履きたくなる魅力を持っています。

次はどんなスエード靴に行こうかな(笑)






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



ブログパーツ
スポンサーサイト

革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern

みなさま、おはようございます!!


僕なりの『キーワード』で革靴を分類し、手持ちのアイテムを紹介するこの企画。

第3回目は華やかな意匠で足元を支える『ブローグ』シューズです。





≪簡単な蘊蓄と用途≫

パーフォレーション(:●:●:のような穴飾り、ブローグとも呼ぶ)やメダリオンを配したブローグシューズ。一般的なものでは、パーフォレーションが一文字のセミブローグ、Wの形状をしたフルブローグ、ブローグが踵まで伸びるロングウイングチップなど。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


前回取り上げたカントリーシューズもブローグシューズの一種ですが、もともとアクティブ、カジュアルなイメージのある靴。初めて見ると、なんだコレ??と思うような、デザインですよね(笑)

しかし、動きのあるメダリオンのデザインが躍動感につながり、インパクトやボリュームのあるトップスとでも、存外足元でバランスを取ってくれる頼もしい存在です。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


正式なフォーマルユースでなければ、オンでもオフでも使える幅広い活躍ぶり。特にビジネスとカジュアルスタイルの垣根が低くなっている昨今の情勢では、特に活躍の場も広がりそうです。

実際、僕が今持っているシューズの中でも、この種類の靴は活用度が最も高い。ここまでかと思えるほど大きな器で、様々な着こなしを受け入れてくれます。


また、アッパーの意匠でアクティブ、カジュアルなイメージを連想させる靴として、UチップやVチップのモカシンシューズなどもありますね。正直手元になく分類に入っていないのですが、同じような幅の広さがありそうですね。

このタイプの靴は使い回しもきくので、モカシンも含めもう少し増やしたいのが本音です。



≪今日の革靴≫

今回紹介するのは、これまでに何度となくコーディネートに登場した靴。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


<Edward Green(エドワード・グリーン)>のMalvernというモデル。ラストはかなり細身の82で、ワイズはEにしています。結構履きこまれた感じになってきました

色はアンティーク加工のダークオーク。靴は黒かダークブラウンが断然使いやすいですね。初めのうちは使いやすいものを、という無難な選択。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


見た目はかなりシャープ。ラスト82はかなりトウにかけて絞っているので、その影響が強いかも。体調により足がむくんだりすると、足先が痛くなることもあるくらい。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


最初のうち、親指部分を噛まれるのは儀式みたいなものですが、こなれてくるとスニーカーのように走れます(笑)


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


正面からも十分華やかですが、横顔はいっそう豪華絢爛。随所に走るパーフォレーションの意匠が、何とも存在感を示します。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern


踵は小ぶりですいつくような感触。この部分にもパーフォレーションが施され、油断は全くありません。


最近トレンドとして取り上げられることも多いですが、最初はこの独特のデザインに尻込みし、なかなか手を出しにくく感じる『ブローグ』シューズ。以前も述べたように、こういった独特の雰囲気はいったん垣根を超えると逆に病みつきになります。恐るべしトラッドなデザイン(笑)


クセのあるのを分かっていながら、ついつい手に取ってしまう。まるで腐れ縁の「親友」といった感覚です。



≪スタイリング≫

平たく言って、春夏なら何でも合わせられる、そのくらい器が広い靴だと思います。


ただ、秋冬の場合、内羽式のスムースレザーでは、トップスの見た目が重いとバランスが取れない場合があります。僕のスタイルでは、カントリールックだとトップスとやや釣り合いが取りづらい。スエードレザーや外羽式の仕様、もしくはブーツなどの要素のある靴でバランスを取るようにしています


きれいめでスッキリした着こなしに持ってくるとアクセントとしてもちょうど使いやすい印象です。スッキリと言っても、重ね着や素材感でそれなりにボリューム感は出ますから、ブローグの存在感が程よくマッチします。


革靴の選び方・使い分け(3)~『ブローグ』 | Edward Green Malvern
「重ね重ねですが、靴と服の間にはシートを敷いています(笑)」


野趣のあるレザーのトップス&華やかなペイズリー柄に足元でバランスを取って。

パンツはデニム、カーゴ、チノ、コーデュロイ、ウールフラノなどなど何でもござれです。






秋冬はスムースレザーでは少し登板頻度が落ちますが、きれいめスタイルの大本命、エースであることに変わりありません。クセのある意匠は、ハマるとほんとにクセになりますよ!!

お持ちでない方は、ぜひ一度お試しを・・・





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログパーツ

カジュアルなジャケットスタイルのアクセント | Daniel & Bob スエードメッシュベルト

みなさま、こんばんは!!

もうすぐ、5月も終わりますね。あと数週間で梅雨がやってきます、あ~憂うつ(涙)

僕は普段からカジュアルスタイルが多いのですが、春夏はジャケットをよく着ます。暖かくなる4月から梅雨の始まる6月頭の2ヶ月程度と、ほんとに短い期間だけなんですけど・・・

それほどたくさん着る機会があるわけでもないので、ジャケット自体は比較的オーソドックスなものに絞ってます。ネイビーやベージュ、コードレーンなど数着。

オンで使用せず、必須ではないので、予算がさほど割けない事情もあります。まあ、カジュアルスタイルでジャケットを着回すなら手持ちで十分かなという気もしています。他に欲しいと言えば、先日妻が手に入れたシアサッカー素材!?(←ちょっと心に残ってます(笑))


カジュアルでのジャケットスタイルは、あまりかっちりしても居心地が悪いので、普段はいかにドレスダウンするかに注力します。そんな中でも前回紹介したようなメッシュベルトは、ドレスダウンに一役買ってくれます!!

ベルトって結構重要な印象になるんですね。今までも、人が言うのを耳にすることはありましたが、自分で体験して徐々に理解してきました。やはり実感しないと行動に移せないもんですね(苦笑)

カジュアルなジャケットスタイルにはメッシュベルト!! | Daniel & Bob
「靴やベルトがあれば、ネイビーで統一してもいいんだけどなぁ~」


逆に全体がカジュアル寄りのアイテムで、少しきっちりした感じを出したい時は少しエレガントなベルトを選びます。僕の手持ちの中ではクロコ×スエードのコンビベルトなんかですね。

カジュアルなジャケットスタイルにはメッシュベルト!! | Daniel & Bob
「は、全身写真でベルトが見えない・・・(汗)」


こちらは、リネンジャケット、リネンシャツにチノパンというカジュアルよりのアイテムですが、全体をリラックスした雰囲気でまとめるならメッシュベルトがいいですね。(→別記事にアイテムの詳細)

ブラウン小物で締めるジャケットスタイル | Daniel & Bob


スエードシューズとの組み合わせは鉄板ですね。カジュアルな感じのパーティーだったので、ブラックの小物と靴をやめてブラウンのものにしました。

カジュアルなジャケットスタイルにはメッシュベルト!! | Daniel & Bob


なかなかクラッシクな装いの経験が浅いのもあり、必死に頭で考えながらやってます(笑)自分の中では、靴とベルトを合わせたり、ドレスとカジュアルの塩梅を足し引きすることでバランスが取れてる気がして落ち着くんですよね。

今回購入のダークブラウンのベルトはどんな色にもとにかく合わせやすい!!特にベージュやネイビーなどの定番アイテムの中では色が映えますね。


他にもトゥモローランドで扱われていたベージュやネイビーのスエードメッシュも、使いやすそうな色でした。ベージュは持っていたこともあり、今回はスルーしましたが。・・・ただ、このベージュのベルト、最近までワードローブで眠っていたんですが、最近ようやく使えるようになりました。


次回はそんな内容に触れた記事を書きたいと思います!!
それでは~。





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
より多くの人と服飾の楽しみを共有したいと思ってます。
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


ブログパーツ

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage

みなさま、こんばんは!!

今日は金環日食があった・・・そうですが、あいにく室内におり、見逃しましたぁ(涙)週の始まりはいかがお過ごしですか?


さて、だいぶ前の話になってしまったんですが、GWの頭に仙台に3泊4日で出張に行っていました。今回は、そんな旅への準備の話です。

ただ、今回の出張はちょっと特殊で、仕事は仕事着に着替え、それ以外はカジュアルでOKという感じ。なので、今回ファッションに関しては、ほぼ旅行気分♪みなさんも旅行という体で読んでもらえれば。


旅行の時に悩むのが、どんな服を持っていくかです。旅先では、行った先のものを楽しめばよいので、そんなことに悩む必要もないのですが・・・ちょっとはファッションも楽しみたいって思っちゃうんですよね。
最低でもその場や気分に合った服でないと、旅行自体も楽しむに楽しめないという(苦笑)自分でもメンドくさいなと思うけど、普段から装いに気分が左右されるんで仕方ないです・・・。


今回主にネックになったのが2つ。


1つは4月末の東北なんで、気温や昼夜の寒暖差。
これは、桜が咲いていると聞いて、その時期を思い出せばすぐにイメージがわきました。今年始めたスナップは、見返して思い出すのにとっても便利(笑)まさか、こんなところで役立つとは!!

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage
(東北での満開の桜)


もう一つは4日分の着回しのパターン。
これは、旅行の行程やアイテムどうしの相性、それに自分の着たい服やスタイルなどのバランスをうまく考慮して決めていきます。結構厄介ですね、特に自分の気分(笑)


あれこれ考えたあげく、持っていったのがこれです。

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage

普段着になっているシャツに、寒暖差を防ぐカーディガン×2種類、ストール、宿やちょっと出るとき用のカットソー、動きやすいパンツにシューズという感じですね。


さて、この組み合わせ、どこから決めたかと言いますと・・・


僕は、旅先でのファッションは、必ず足元から決めていきます。昔は、場に合わない靴を履いていって、足が痛くなったり、恥ずかしい思いをしたりなんてことがありました。それ以来、旅先で何をするのか、どれくらい歩くのか、天気はどうかなど、様々に想定して靴を選び、それに合わせて服を選びます。

まず、今回は観光で街歩きや公園散策があったので、スニーカーを選択。さらに、4日間あって一足ではかわいそうなので、もう一足に革靴を。カジュアル寄りのアイテムにもあって上品さもあるスエード靴をチョイス。足に合っているので、街歩き程度なら断然歩きやすいですしね。


旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage
(散策で行った青葉山公園の政宗像)


そこからさらにボトムスとベルトを合わせます。

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage
(Incotex RED:オリーブチノ、Orciani:スエードベルト、Diadora Heritage:グレースエード)

スニーカーのスモーキーなイメージに、薄めのオリーブのチノパン。


旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage
(Incotex RED:ベージュチノ、Daniel & Bob:スエードメッシュベルト、Edward Green:アスキス888スエード)

ブラウンのスエードシューズにベージュのチノパン。


ベージュは合わせやすいし、トレンドなんでいいとして、もう一本は本来無難に行くならデニムでしょうね。ただ、今回は靴やベルトと同トーンでまとめたい気分でしたし、オリーブのパンツは意外となんでも合うんでお勧めです。


ここまでくれば、あとはボトムスに合うシャツを決めて、全体に合うアウターを決めます。

シャツは、ネイビー、シャンブレー、チェックと今着たいものを集約・・・結果的に全部ブルー系(笑)シャツは白が万能なんですが、リゾート地は別として、汚れが目立つんであまり持っていきません。これはパンツも同様ですね。

アウターはパンツのオリーブやベージュ、さらにシャツのブルー系とも相性のいいネイビーとブラウンをチョイス。無難で安パイな色を選びがち(笑)



だいぶ長くなってきたので、旅先での着回しはサラッといきます(笑)

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage
(左から1日目)

2日目街歩き、3日目公園散策だったので、そこから革靴が2日続けてにならないよう配慮した結果こうなりました。まあ、無難な着回しなんですが、自分としてはいろんな服を着て、気分も変えられたので満足です♪


もちろん、おいしいものも食べましたよ~。

旅行での着まわし | Edward Green & Diadora Heritage


次回は、この旅行でデビューを飾ったアイテムを取り上げます。
それでは~!!





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます!
ブログランキングサイトへ参加しています。
下記バナーを「クリック」することでランキングが上昇し、
多くの方の目に触れやすくなる仕組みとなっております。

より多くの人と服飾の楽しみを共有したいと思ってます。
賛同される方は「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


ブログパーツ

ベージュのジャケットスタイル | Raffaele Caruso

みなさま、こんばんは!!

このブログも、開設後ほぼ1カ月が経過しました。まだまだ短い期間ですが、継続するのは大変だなと感じつつあるところです。時折頂けるコメントやTweetが励みですね。今後ともよろしくお願いします!!


今回は、前回までの流れ(2年ごしのフォルミコラErrico Formicolaオーダー会)で、フォルミコラのオーダー会に出向いた時の服装。

Style120316Tops.jpg

Style120316Bottoms

Errico Fromicola オーダー会


ジャケット:Raffaele Caruso
カーディガン:John Smedley
シャツ:Errico Formicola
パンツ:Jacob Cohen 688
シューズ:Edward Green Malvern
ベルト:Andrea D'amico
ストール:Arianna

以上です。

3月中旬のものなので、カーディガンまで着用し、若干暑苦しい感じですね…すみません。



ベージュジャケットのジャケパンスタイル
【Raffaele Caruso expressely for Tomorrowland】

ジャケットは、コットンリネンで表情のある生地感が気に入っています。4年くらい前のTomorrowlandのカルーゾ別注モデルです。製品洗いやアンコンではないのですが、程よく軽く、上品なベージュの色合いが今の気分にも合っています。通常46~48サイズを着るのですが、これは44サイズでちょうどでした。
3月だと肌寒いのでカーディガン+ストールを着用していますが、リネン混なので今から初夏にかけてちょうどいいジャケットです。


スタイル紹介:フォルミコラ・オーダー会
【Errico Formicola チェックシャツ】

それから、シャツは当然フォルミコラ(笑)やはりここは敬意を払って、このシャツを選びました。


スタイル紹介:フォルミコラ・オーダー会

ワイドスプレッドのドレスシャツ。チェック柄がネイビーとブラウンなので、カーディガンとジーンズで色を拾っています。


僕の前にオーダーしていた方は、他社のシャツを着ており、そのシャツを脱いで計測してもらっていました。サイズ感がよほど気に入っていたにしろ、あんまりいい気はしないだろうし、もう少しやり方があるのでは・・・と思いましたが、プロの仕事と割り切れば関係ない!?


チーフもしていけばよかったと、後で写真を見て思いましたが、今回は時間がなくてバタバタだったので・・・。
他にも、ジーンズにも合わせやすいエドワードグリーンのフルブローグや、クロコ×スエードのコンビベルトなど、シンプルだけど華のあるアイテムでまとめました。

ベージュのジャケットスタイル | Raffaele Caruso
【Andrea D'amico クロコ×スエードベルト】


ジーンズ着用のジャケパンスタイルは定番ですし、色合わせやアイテムの組み合わせはごくごく普通。普段着る服装はTPOや気分に合わせ、オーソドックスなものを組み合わせて楽しんでいます。

さてさて、次回はこのオーダー会の帰り道のお話…

それでは、また!!



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます!
ブログランキングサイトへの参加を開始しました。
下記バナーを「クリック」によりランキングが上昇し、
多くの方の目に触れやすくなる仕組みとなっております。

より多くの人と服飾の楽しみを共有したいと思ってます。
賛同される方は「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


ブログパーツ
プロフィール

リュータン

Author:リュータン
『大人のカジュアル』スタイルを目指し、アイテム購入やコーディネートなどの試行錯誤を書いています。趣味はバイク、カメラ、旅行など手広く浅く。コメント大歓迎、リンクもフリーです!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

記事作成の励みになりますので、 ぜひクリックお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
カウンター
SNAP OF THE OUTFIT

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com
人気記事ランキング
Tweet Live

Ryutan < > Reload

タグクラウド
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。