1. Top
  2. » デニム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto Portofino デニムシャツ

みなさま、おはようございます!!


先週末に少し元気のなかった妻を誘い出し、ちょっと出かけてきました。行き先は・・・木更津のアウトレットモール!!また行ってきました


暖かい時期ならバイクなんですが、これだけ寒いのでドライブも楽しむために車で。まだセール時期ですし、買い物なら街へというのもありなんですが、郊外の大型商業施設は車で行くのにちょうどいいですからね~。


今回、ショッピングに行きたいというのは妻からの希望です。決して妻を元気づけるついでに買い物を・・・なんてやましい気持ちがあったわけじゃありません(笑)

ということで、僕自身は買い物はしていないんですが、かわりに妻の買った物を紹介しますね。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


以前から欲しいと話していたデニムシャツ。United Arrowsで見つけた<Sunny Sports(サニースポーツ)>のグリーンレーベル別注の物を購入。

サニースポーツは、地元神奈川は茅ヶ崎発のドメスティックブランド。アメカジ寄りの服が多いので僕は手を出したことはありませんが、一応名前は知っていました。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


そこそこの価格で、生地もいい感じ。日本製で縫製もしっかりしていましたし、きれいなシルエット。本人もかなり気に入ったようで、即決でした。

示し合わせてもいないのに、春夏用に買ったワークシャツと似た方向性なのは同じ趣向の現れ?生活を共にすると気分も似てくるとか。





さて、今春のテーマカラー(にしたい)ブルー。アウトレットでの出会いはありませんでしたが、別件で手に入れています。


それが、こちら。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


ブレることなくブルーデニムのシャツ。Gジャンといい、最近やや離れていたデニムに気持ちが戻っています。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


またも<Giannetto Portofino(ジャンネット・ポルトフィーノ)>

ほどほど細身でバランスのとれたシルエットで、最初に購入して以降かなり気に入っています。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


シャツなのでさほどしっかりした生地感のデニムではないですが、エイジングも楽しめそうな濃い色が長く付き合っていけそうで決めました。

デニムシャツは他にもあるんですが、ワイドカラーのシャツはなかったので前々から探していたんです。デニムは何枚でも欲しいものですよね!?(笑)


何より大きかったのが、秋冬のセールで半額だったこと!!さほど厚い生地でもないので初夏くらいまで着られそうです。ちなみに横浜高島屋のCSでの購入



春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto Portofino デニムシャツ


妻ともどもブルーに惹かれる今春。寒さは厳しくなる一方ですが、この時期になると太陽が恋しくなってきますね。


春、青き衣をまといて~続・春はシャツの気分(2) | Sunny Sports & Giannetto デニムシャツ


タグが象徴するように・・・






●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ
スポンサーサイト

春、青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン

みなさま、おはようございます!!


さて、前回の続き。セールの続くショップの一画に置かれた春夏もののシャツを購入したわけですが、同時にもう一点を購入!!

それが、こちら・・・


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


<Jacob Cohen(ヤコブ・コーエン)>のデニムジャケット。いわゆるGジャンです。デザインは3rdタイプのオーソドックスなモノ。

所有しているウォッシュ加工の一枚がかなり活躍しており、リジッドタイプの買い足しを考えていました。濃いブルーの方が、春夏物の淡色パンツに品よく合わせやすい場合もあるので。


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


使える、気に入ったアイテムは"色ち買い"がお決まり(笑)

ただ、ヤコブのGジャン、プロパーでサラッと買える値段でもありません。(あ、僕にとっては、です)そもそもヤコブにこだわる気もなかったんですが・・・今回BEAMSでセールにかかっていることを知り、気になり始めてしまった。


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


悩んだ末、モアセールの『2点購入でさらに10%OFF』というのを利用し、前回のシャツと組み合わせて買うことに決めました。プロパー+セール品でも、セール物がOFFになるとのことだったので。

これがシャツを買うのも、Gジャンを買うのも後押し!?見事に戦略に乗せられてますね~(笑)ただ10%OFFと言っても30+10=40%ではなく、30%OFFの価格からさらに10%OFFなので実質37%OFFですね・・・微差ですが言葉のマジック(笑)


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


岡山製の生地を使った日本向けモデルで、イタリアのハンドメイド製。形も体に合うし、生地感も気に入ってます。

セール品なのでもちろん秋冬用でコットン100%。


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


ジーンズ同様、Jマークの入ったボタンは健在。

間近で見ると結構存在感が強すぎ??と思いましたが、遠目だとさほどでもないと思っています。見慣れただけ?(笑)


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


以前は左胸の部分にあったロゴがなくなり、ウエスト後ろ部分のボタンが1つになり絞る機能がなくなりました。ロゴはない方がいいですけど、ウエストの絞りは使ってたんだけどな。



春夏用はコットンリネンのタイプもありますが、コットン100でも春夏にしっかり使う予定です。梅雨時くらいまでは使えるでしょうか。


青き衣をまといて | Jacob Cohen デニムブルゾン


今回購入したGジャンにシャンブレーシャツを合わせるのもありですね。ここにチノパンとくれば定番の組み合わせですが、今年はホワイトデニムなんかできれいめに。

デニムonデニムでも色違いなら大丈夫!?シャツを変えてアレンジ可能な僕好みの合わせになりそうです♪シンプルですがストールやタイ、ベルトなどの小物でさらに楽しみます。


昨春はベージュなどのアースカラー、秋冬はグレーに惹かれましたが、今春はブルーの気分なんですよね~。セールで探している秋冬物も見つからなかったので、早々に春夏に目線がいっちゃいました。

しばらくは冬・春のテーマが混在すると思います・・・

それでは~!!






●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コーディネートに関する記事は以下のページへ
コーディネート記事のアーカイブ

革靴に関する記事は以下のページへ
革靴記事のアーカイブ

色に関する記事は以下のページへ
色に関する記事のアーカイブ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログパーツ

マイスタイルの原点はプレッピー!?

みなさま、こんばんは!!

さて、ここのところ買ったモノの報告ばかりなので、今日は違った趣向で書いてみます。

先日、Twitter上にてブログ仲間・ポウルセンさんから、UA Districtの記事を紹介していただきました。

今回のMen's Shopのテーマの下に製作されるクロージングは、トラッドマインドに溢れた、ベーシックとも言うべき、素材、柄の集大成となっており、そのことが、揺れ動く時代の中で却って新鮮にうつります。クラシックな柄こそはエヴァーグリーンであり、時代の流れを超えて価値を訴求し、美しさの定義を再認識させてくれるものです。

(中略)

2000年代に、ドレスとカジュアルをはっきり分ける風潮が生まれ、世のシャツはドレス専用、カジュアル専用に分かれて、少々やっかいな事になっています。もっとシンプルに、同じものをプレスしたり、プレスしないで洗いざらしにしたり、合わせるものを変えたり工夫しだいで何通りにも着る洋服本来の楽しみに戻りたいと思います。スーツスタイルやジャケットスタイルを基に、コーディネートと着方の工夫で、ドレスアップ、ドレスダウンを楽しんでゆこうというものです。



この文章を読んで、皆さんどのようにお感じになりましたか?


僕はなんだか無性に嬉しくなり、さらに共感を覚えました。そう感じたのも、思い返すと自分と服との関わってきた歴史が大きかったように思えてきたんです。(歴史というほどでもないですが)

通常は、今の服飾についての記事が多くなりますが、今回はそれに倣わずにいこうと思います。この文章に共感した気持ちを内観するうちに、自分のかつての洋服との関わりが無性に懐かしく思え、通ってきた道(使ってきたアイテム)を見てもらうのもアリかなと思いこの記事を書きました。





もともと、僕が洋服と深く向き合うようになったのは、制服のない高校の頃。毎日私服での通学でした。

すなわち、ルールが皆無でしたので、部活ウェアやジャージで通うのもOKですし、とにかく何だって大丈夫な状態。(ちなみにピアスや金髪もOK(笑))ただ、自意識も強かったので、勝手に高校生なりにきちんとしていたいと思っていました。

イメージとしては、「楽でいながら小ぎれいなカッコ」。当時よく読んでいた雑誌がMen's Non-Noで、その影響が大きかった気がします。田辺誠一や谷原章介が専属モデル、ほかに鈴木一真や反町隆史、竹之内豊などをよく見ていた気がします。今思うとすごい豪華ですね!!


そんな中、制服として選んでいたボトムスがこれでした。

スタイルの原点はプレッピー!?
(左からLevis'501Helmut LangA.P.C、A.P.C、ba(s)2 lope

ファッション好きなら一度は通るであろう定番のデニムスタイル。高校生なんで、丈夫で、着回しがきいて、それでいてカッコいいとなると、やはり落ち着くのがデニムだったのかなと思います。

スタイルの原点はプレッピー!?スタイルの原点はプレッピー!?

膝のあたり、股の擦れ、バックポケットの穴など、すべて生デニムから育ててできあがった自分の歴史ですね。

そのため、当時のデニムたちは今でも捨てられず、こうして保管しちゃってます(笑)最近でこそデニムの登板頻度は減っていますが、そこはやはり自分のスタート。いつか股の擦れをリペアしてもう一度と思いますが、どうなんでしょうね~。このままずっと保管なのかも(笑)

これに、トップスはドレスシャツやポロシャツ、タイトめのニットなどを合わせていました。正直、今でも大して変わりません(苦笑)


デニム好きが高じて、大学ではデニムジャケットを着たりもしていました。

スタイルの原点はプレッピー!?
(ba(s)2 lope:デニムジャケット)

もう10年以上前のものなのですが、これもなかなか手放せず(笑)ただ、ボディは結構タイトでジャストなんで、アームホールが太いのをリペアすれば着られるかな、なんて思っています。

デニムシャツやシャンブレーシャツに惹かれて手にとってしまうのも、こういった過去があるからなんでしょうね(笑)


靴は当時流行っていたスニーカーが多かったですね。

スタイルの原点はプレッピー!?
Insta Pump Fury 1st(左)、2nd(右))

こちらは両方ともレプリカでなく、オリジナルの1stと2nd。当時はきれいめスタイルにハイテクスニーカーの合わせが流行ってました。

さすがに今は手放してしまいましたが、当時はプレミアまでついて結構な額でやり取りされていたと思います。正直、靴だけは財産になるので、もっと長持ちする革靴を買っておけばよかったかなと、思わないではないですね(苦笑)



毎日のスタイルを決めるのが、服と向き合う時間。高校入学から一度も制服やスーツで一日を過ごす生活を送っていないので、かれこれ20年近く私服と向き合ってきた毎日です。

冒頭の文章が琴線に触れるのは、自分の漠然とした考えを文章にして見せてくれたからかもしれません。そして、昨今の「ドレススタイルのカジュアル化」傾向や「品性と遊びのバランスを模索するプレッピースタイル」への注目は、自分の服との付き合い方にリンクする、とても過ごしやすい流れであるように思います。

ここ数年の僕の服飾への気持ちの異常な高まり(笑)も、こうした世の中の流れと切り離せないのかもしれません。

当時がプレッピーと呼べるスタイルであったかは別にしても、当時の考えは原点であり、今にも脈々とつながっていると思います。まあ、この時期に部活とバイトに明け暮れ、ファッションに夢中になった挙句、ほんとにプレップ(予備校)に行っちゃったっていうのが実際のオチなんですが(笑)






全体的に取りとめもない話になってしまい、まとまりがつきませんが、最近は自分のこういった想いに新たに必要なものがあるのか苦悩する日々です。・・・新しい商品見ると、欲しくなってはしまいますけど(笑)

ただ、春夏に力を注ぎすぎ、まだ紹介しきれていない春夏セールアイテムがあるくらいなので、秋冬はちょっとおとなしめになるかなぁ(苦笑)

それでは~!!

※8月11日より3日ほど高原の避暑地に逃げてきます・・・携帯がつながればなるべく早めに返信いたしますが、遅れる場合もあるかともいます。ご容赦を!!




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



ブログパーツ

毒を食らわば皿まで・・・!? | Errico Formicola

みなさま、こんばんは!!


前回の記事で、不参戦と決めたはずのセールに行ってしまいました!!
そして、逝ってしまいました(笑)

ダメですね。
意志薄弱で。

弱いですね。
疲れているときの人間て。

そして、続きますね。
スイッチが入っちゃうと。


毒を食らわば皿まで・・・!? | Errico Formicola
(Errico Formicola:インディゴ染めシャンブレーシャツ)

またシャンブレーシャツ買っちゃいました~(笑)
もう、笑うしかありません。

濃淡のシャンブレーシャツ、いつか買おうと思っていたので、
それがたまたま早く、そして同じ時期に来ちゃいました。

そんなこともあります。



以前の記事で、似たようなフォルミコラのデニムシャツについて書きました。

ブルーのBDシャツ | Errico Formicola
(Errico Formicola:デニムBDシャツ)


その記事の最後に、
「今期(2012SS)のTomorrowlandから、Errico Formicolaの薄手のデニムシャツが2色出ています。」
と書きましたが、今回購入したのがそれです。

このシャツはハンドの入ったドレスシャツのラインで出ており、オールマシンメイドのものより若干高めでした。
それも、あってスルーしていたんですよね。

今回はトゥモローランドのプレセールで購入。
40%OFFです、多分逆算すると。


ちなみに、今季のもう1色はもう少し濃いめのもの。
本来昨秋に出るはずのものが、色落ちなどの修正をかけて今季に回ったそうです。
なぜかそちらはセールにかからず、今季もののこちらはセール対象でした。


毒を食らわば皿まで・・・!? | Errico Formicola


シーズン初めに見た時は手に取らず気づきませんでしたが、実際の生地はインディゴ染めのシャンブレーシャツでした。
すでに襟元や前立て部分にアタリが出ているので、使い込むことでより雰囲気も出るはず♪

また、今回のは薄手の生地で年間通して幅広く使えそうです。
この春買っていないBDシャツというのもポイント高し。



春の当初から思い描いていた生地感のあるデニムやシャンブレーシャツ。
断念しかけましたが、まさかのセールで濃淡とも購入できました。

今シーズンだけで、ちょっと買いすぎたのは反省ですが。



いや、まだ報告するものがあるんです。
買ったものの手元に来ていないものもありますしね。

暇を見て、ぼちぼちアップしていきま~す☆
それから、着たところもできればアップします・・・

それでは~!!



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


ブログパーツ

セール不参戦のはずが・・・ | ORIAN Denim Division

みなさま、こんにちは!!


最近、仕事がバタバタしており、帰っては寝る⇒出勤の繰り返しでしたが、今日は久々のオフ!!
ちょっと間があいての更新です。




さて、突然ですが、僕は夏があまり好きではありません・・・


スポーツをずっと続けていたせいか、暑いとすぐ汗をかきます。
ちょっと気温が上がれば汗、少し歩けば汗、動きまわれば汗、そして汗、汗、汗・・・


汗をかくこと自体は嫌いではないんです。
冬だってちょっと暑めのカッコをして、歩けば軽く汗がにじむくらいが体調的にもいいと思ってます。
夏にも身体を冷やしたくはないので、社内でも家でも冷房はほとんど使いません。


ただ、夏は、特に日本の夏は、蒸し暑さがコントロールできませんもんね。
そうなると洋服の存在をちょっと疎ましく思ったりもします。


だらだらと何を書いているかと簡単に言えば、この時期はネタがないってことです(笑)
自分が楽しんで服を着ていないと、なかなかネタも書けないですからね。


多分これからの時期は、現実をちょっと離れて気分の上がるセール、妄想、秋冬の話題が増えると思います(笑)
さて、今回はそんな中からセールの話題を一つ。





セレクトショップなどの会員になると、公式のセールを前にシークレットセールやメンバーセールみたいなものがあります。中には購入金額により、招待時期が変わるなんてこともあります。
数年前から、インポートの商品も一部話題で完売のものを除けば、セールにかかるものが多数なんで、この時期は楽しいというか有難迷惑というか・・・(笑)


今年は予算もないし、そもそも仕事があって行けないし・・・と思ってセール不参戦を決意しました。
ただ、忙しい合間、ちょっと時間ができたから、のぞいてみようと思ったのが間違いでした。


セール不参戦のはずが・・・ | ORIAN Denim Division
(ORIAN Denim Division)


ORIANのDenim Divisionのシャツ、Beams購入です。
多忙にやられていた気持ちに甘えて買っちゃいました(笑)


またシャツ!?と思われながらも、春夏はシャツなんです。
僕にとっての主役は。

そして、セールで購入すると言えばシャツなんです。
普段買わない価格帯やデザインに手が出せるので。



セール不参戦のはずが・・・ | ORIAN Denim Division


コットン50%、リネン50%のシャンブレー生地。
インディゴ染めで洗いがかかっており、色合いも何とも言えず魅力的でした。


本当は、以前から明るいブルー系のチェックシャツが欲しいと思っていました。
不参戦とは思いながらも(笑)


ただ、シャンブレーやデニム生地はここ最近の気分。春から探していたものの、なかなか出会うチャンスもなくここまできました。
前回も紹介したように、使い勝手もよく、ハマるとカッコもいい。
ということで、あっさり鞍替えです。



セール不参戦のはずが・・・ | ORIAN Denim Division


襟型や色合いからしても、持っているBorrelli luxury vintageのシャンブレーとほとんど同じ感じ。
ただ、こんな時は、「この手のは何枚あってもいい、そして着まわした方が持ちがいい」と言い聞かせます。

例によって、「セール品は寝かせておく」ルールに従おうかとも思いましたが、これから使う気満々でいます(笑)

ちょっと洗いにかけたり、着る準備ができていないので、着こなしは先送りで。
それでは~!!




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
よろしければ下記バナーの「クリック」にご協力お願いします!!

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

※ランキングへのカウントは一日一カウントまでです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



ブログパーツ
プロフィール

リュータン

Author:リュータン
『大人のカジュアル』スタイルを目指し、アイテム購入やコーディネートなどの試行錯誤を書いています。趣味はバイク、カメラ、旅行など手広く浅く。コメント大歓迎、リンクもフリーです!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

記事作成の励みになりますので、 ぜひクリックお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
カウンター
SNAP OF THE OUTFIT

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com
人気記事ランキング
Tweet Live

Ryutan < > Reload

タグクラウド
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。